『モグニャン』『シンプリー』どっちが良いか比較した結果→

最終更新日

Comments: 0

『モグニャン』と『シンプリー』、どっちのキャットフードが良いか悩んでいませんか?

モグニャンとシンプリーは同じ会社が販売しているキャットフードですが、製造元は異なります。

『モグニャン』は、モグニャンやシンプリーを販売している会社が開発したキャットフードで、開発したレシピを元にイギリスの工場で作られています。

『シンプリー』は、動物栄養学者が開発したキャットフードで、やはりイギリスの工場で作られています。

一見すると似ていますが、全く別物のキャットフードになります。

こちらの記事では、モグニャンとシンプリーを原材料・成分分析値からコストに至るまでを比較し、どちらが良いキャットフードなのか結論づけたいと思います。

 

『モグニャン』『シンプリー』どっちが良いか比較

今回比較するキャットフード

モグニャン

シンプリー

 

原材料を比較

モグニャン

シンプリー

白身魚63%

サツマイモ

エンドウ豆

サーモンオイル

ひよこ豆

レンズ豆

ヒマワリオイル

フィッシュスープ

ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガンー水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)

ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)

ビール酵母

オリーブオイル

アマニ

アルファルファ

バナナ

リンゴ

クランベリー

カボチャ

セイヨウタンポポ

骨抜き生サーモン(31%)

サツマイモ

乾燥ニシン(12%)

乾燥サーモン(11%)

ジャガイモ

サーモンオイル(8.1%)

乾燥白身魚(6.5%)

生マス(4.65%)

サーモンスープ(2.3%)

ミネラル類(硫酸亜鉛ー水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガンー水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)

ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)

アルファルファ

クランベリー

タウリン

マンナンオリゴ糖

フラクトオリゴ糖

リンゴ

ニンジン

ホウレンソウ

海藻

カモミール

セイヨウハッカ

マリーゴールド

アニスの実

コロハ

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

 

『モグニャン』『シンプリー』ともにグレインフリーのキャットフードです。

穀物を使用しないかわりに、サツマイモで炭水化物を摂取しています。

両方とも、好ましくない食材は使われていません。

モグニャンは主原料が『白身魚』となっているので、おそらく複数の白身魚のミックスなのだと思います。

季節によって白身魚の種類は変動していそうですね。

一方のシンプリーは、サーモン・ニシン・マス・白身魚というふうに、白身魚以外の魚も配合されています。

モグニャンは豆類が多く、シンプリーは野菜や果物・海藻が豊富ですね。

その他シンプリーには、オリゴ糖が入っています。

オリゴ糖は、猫ちゃんが飲み込んでしまった毛玉を排出させるためにはとても良いです。

しかし、もしかするとオリゴ糖でお腹がゆるくなる子もいるかもしれません。

『モグニャン』『シンプリー』ともに猫にとって好ましくない原材料が使われていないのが高評価ですが、原材料だけを比べると、モグニャンよりシンプリーの方が優れていると考えます。

 

成分分析値を比較

 

モグニャン

シンプリー

たんぱく質

30%

37%

脂質

16%

20%

粗繊維

3.5%

1.5%

粗灰分

8%

9.5%

水分

7%

7%

オメガ6

1%

1.33%

オメガ3

2.1%

3.89%

カルシウム

 

1.89%

リン

 

1.32%

カリウム

 

0.6%

マグネシウム

0.12%

0.13%

ナトリウム

 

0.8%

炭水化物※

35.5%

25.5%

代謝エネルギー

約365kcal

約380kcal

※炭水化物の量は、100%ー(たんぱく質、脂質、粗繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算しています

 

シンプリーは、本来の生態にあった猫らしい食生活を追求しているキャットフードです。

高タンパクで脂質も若干多めで、たんぱく質と脂質だけ見るとアカナと同じくらいです。

[st-card id=1499 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

海外のキャットフードは高タンパクなものが多いのですが、私は日本で暮らしている家猫ちゃんがメインで食べるキャットフードは、たんぱく質が30%くらいが良いのではないか、と思っています。

なので継続的に食べさせるのであれば、モグニャンのタンパク量の方が良いと考えます。

モグニャンはカルシウムなどの成分が表記されていませんでした。おそらく灰分でまとめて書いているのだと思います。

マグネシウム量は、モグニャンの販売元に聞いたデータを記入しました。

マグネシウムが若干多めなのが気になりますが、現在尿路結石を患っていないのであれば特別気にしなくてもよいでしょう。

こちらの記事にも書いていますが、尿路結石予防には良質なたんぱく質、水分、運動が大切です。

[st-card id=489 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

炭水化物の量を計算すると、モグニャンが35.5%、シンプリーが25.5%になりました。

 

1日あたりの給餌量を比較

 

モグニャン

シンプリー

3kgの成猫

50g

40g

4kgの成猫

60g

50g

5kgの成猫

70g

65g

1日あたりの給餌量は、シンプリーの方が若干少なめです。

それは、シンプリーの方が高タンパクで高脂質であることからも分かります。

 

コストを比較

 

モグニャン

シンプリー

フードの展開

1.5kg

1.5kg

コスト

3,564円(税抜)

3,564円(税抜)

※コストは定期コースの金額

モグニャンとシンプリーは同じ会社が販売しているキャットフードなので、1袋あたりのコストは全く同じです。

シンプリーは、モグニャンよりも少し給餌量が少ないので、その分コスパは良くなります。

 

まとめ

同じ会社から販売している『モグニャン』と『シンプリー』を比較しました。

全体を通してみると、モグニャンがおすすめです!

ただどのキャットフードでも言えることですが、キャットフードは合う合わないがあります。

なのでまずは1袋試してみて、うんちやおしっこの状態を確認するようにしてくださいね。

>>タップして『モグニャン』を詳しくみる

 

kumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする