『ナチュラルチョイス』『ワイルドレシピ』猫にはどっちがおすすめ?

最終更新日

Comments: 0

ニュートロ社のキャットフードには、『ナチュラルチョイス』と『ワイルドレシピ』というドライフードがあります。

もともとあったドライフードは『ナチュラルチョイス』の方です。

そこにグレインフリーのシリーズとして2017年に『ワイルドレシピ』が新登場しました。

ナチュラルチョイスには、室内猫用、避妊・去勢猫用、減量用、食にこだわる猫用、穀物フリー、毛玉トータルケアと、たくさんのラインナップがあります。

キャットフードとしての趣旨が違うものを比較しても意味がないので、今回は『ナチュラルチョイス 穀物フリーアダルトサーモン』と『ワイルドレシピ アダルトサーモン』を比較したいと思います。

この2つは、両方とも『アダルト用のグレインフリーでサーモン味』という共通点があります!

では参りましょう!

 

『ナチュラルチョイス』と『ワイルドレシピ』の違い

左がナチュラルチョイス、右がワイルドレシピです

原材料の違い

『ナチュラルチョイス』
穀物フリーアダルトサーモン

『ワイルドレシピ』
アダルトサーモン

サーモン(すり身)
チキンミール
エンドウタンパク
鶏脂
乾燥ポテト
ポテトスターチ
エンドウマメ
アルファルファミール
ポテトタンパク
ビートパルプ
タンパク加水分解物
大豆油

ユッカ抽出物
ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)
ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)
アミノ酸類(タウリン、メチオニン)
酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)

サーモン(すり身)
チキンミール
エンドウタンパク
鶏脂
エンドウマメ
タピオカ
アルファルファミール
ポテトタンパク
ビートパルプ
タンパク加水分解物
フィッシュミール
レンズマメ
亜麻仁
ユッカ抽出物
ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)
ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)
アミノ酸類(タウリン、メチオニン)
酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

 

青色で書いてある原材料が、そのシリーズにしかはいっていない原材料です。

青色以外の原材料は、同じです。

比べてみると、ナチュラルチョイスはポテトや大豆油を使っているのに対し、ワイルドレシピはレンズマメや亜麻仁を使っています。

キャットフード自体の価格も、ワイルドレシピの方が高めですし、ワイルドレシピの方が若干原材料のコストがかかっていると思います。

 

成分分析値の違い

 

『ナチュラルチョイス』
穀物フリーアダルトサーモン

『ワイルドレシピ』
アダルトサーモン

たんぱく質

33.3%以上

40.0%以上

脂質

16.0%以上

18.0%以上

粗繊維

4.0%以下

4.0%以下

灰分

10.5%以下

10.0%以下

水分

10.0%以下

10.0%以下

代謝エネルギー

380kcal / 100g

380kcal / 100g

 

ワイルドレシピは、『肉食の猫が、野生の頃から食べている食事を再現している』というコンセプトのキャットフードです。

そのため成分分析値で見ると、ワイルドレシピの方がたんぱく質と脂質が多いですね。

特にワイルドレシピのたんぱく質の量は40%ですから、キャットフードの中でもかなり多めです。

ニュートロのHPを見ても具体的な数値は出ていませんでしたが、主原料のサーモン(すり身)の含有量がワイルドレシピの方が多いのではないかと推測できます。

 

1日あたりの給餌量の違い

 

『ナチュラルチョイス』
穀物フリーアダルトサーモン

『ワイルドレシピ』
アダルトサーモン

3kgの成猫

45g

45g

4kgの成猫

55g

55g

5kgの成猫

65g

65g

1日あたりの給餌量は、ナチュラルチョイスもワイルドレシピも同じでした。

イメージ的には、ワイルドレシピの方が高タンパクなので、給餌量が少なくなることを予想していたのですが、同じメーカーだからか給餌量は同じでした。

そのため同じ量を与えると仮定すると、必然的にワイルドレシピの方が太りやすくなります

 

コストの違い

 

『ナチュラルチョイス』
穀物フリーアダルトサーモン

『ワイルドレシピ』
アダルトサーモン

フードの展開

500g
2kg

400g
1kg
2kg

コスト

2,778円(税込)

3,180円(税込)

※コストは2kg入りで比較 ※2019年1月 Amazon価格参照

ナチュラルチョイスは500gと2kg入りの2種類で、ワイルドレシピは400g、1kg、2kgの3種類あります。

コストは、同じ内容量の2kgで比較しています。

ワイルドレシピの方が402円高いです。

 

まとめ

ナチュラルチョイスとワイルドレシピの違いを比較しました。

今回分かりやすいように、同じような原材料でできている『ナチュラルチョイス 穀物フリーアダルトサーモン』と『ワイルドレシピ アダルトサーモン』で比べてみましたが、たんぱく質と脂質以外ほとんど違いはありませんでした。

主原料であるサーモン(すり身)の含有量を比較したかったのですが、ニュートロのHPに記載はありませんでした。

この2つのキャットフードはとても似ているため、『ナチュラルチョイス 穀物フリーアダルトサーモン』の方はそのうち廃盤になるかもしれませんね。

[st-kaiwa6]以前ナチュラルチョイスとワイルドレシピの両方食べさせたことがあるのですが、うんちがカチカチになりました[/st-kaiwa6]

 

ニュートロのキャットフードはどれもそうですが、たんぱく加水分解物とビートパルプが入っています。

たんぱく加水分解物が入っているため食いつきはよくなりますが、その一方でうんちがカチカチになることがあります。

これはビートパルプが原因と考えています。

たんぱく加水分解物とビートパルプは、危険とまでは言えないものの猫ちゃんには必要のない原材料です。

猫に必要のない原材料が入っていないキャットフードはこちらに書いていますので、よかったら参考にしてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

kumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする