【猫】『ロイヤルカナン』『サイエンスダイエット』の比較! どっちがおすすめ?

最終更新日

Comments: 0

『ロイヤルカナン』『サイエンスダイエット』は、どちらも動物病院で紹介されることの多いキャットフードです。

我が家がお世話になっている動物病院にも、サイエンスダイエットのサンプルやチラシが置いてあり、動物病院内でキャットフードを買うことができます。

『ロイヤルカナン』と『サイエンスダイエット』は、どちらのキャットフードも病気のときの療法食が充実しています

そのため、動物病院で取り扱いをしやすいキャットフードなのです。

「動物病院に営業しているから」「病院がマージンをもらっているから」ということも聞いたことがありますが、真相は定かではありません。

ロイヤルカナンは特に、ペットショップでもおすすめされますね。

[st-kaiwa2]

shiroをペットショップで購入したときも、「今この子が食べてるのがこれですから!」とカゴにロイヤルカナンがドサッと入れられました

[/st-kaiwa2]

 

『ロイヤルカナン』『サイエンスダイエット』猫にはどっちがよいの?

こちらの記事ではキャットフードの比較がしやすいように、成猫用の室内猫用キャットフードを選んで比べていきたいと思います。

今回比較するキャットフード

ロイヤルカナン・・・ロイヤルカナン インドア(室内で生活する猫専用フード)成猫用

サイエンスダイエット・・・ヒルズのサイエンス・ダイエット インドアキャット アダルト成猫用1歳〜6歳 チキン

 

原材料を比較

『ロイヤルカナン』

インドア 成猫用

『サイエンスダイエット』

インドアキャット アダルト成猫用

肉類(鶏、七面鳥)

小麦

とうもろこし

植物性分離タンパク

動物性脂肪

加水分解タンパク(鶏、七面鳥)

小麦粉

植物性繊維

ビートパルプ

酵母および酵母エキス

大豆油

フラクトオリゴ糖

魚油

サイリウム

アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)

ゼオライト

ミネラル類(Ca、Cl、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)

ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)

酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

トリ肉(チキン、ターキー)

トウモロコシ

コーングルテン

セルロース

チキンエキス

植物性油脂

動物性油脂

小麦

ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)

乳酸

ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)

アミノ酸類(タウリン、メチオニン)

カルニチン

酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

成分は主原料をふくめ、似ています。

どちらかが飛び抜けて良いわけでも、飛び抜けて悪いわけでもないという印象です。

ただ、よく言われていることですが私もロイヤルカナンの酸化防止剤だけは、避けるべきだという考えです。

詳しくは下の記事に、危険な添加物について書いています。

[st-card id=1262 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

以前ロイヤルカナンに質問したところ、「BHAはとても微量なので、この量では発がん性の心配はない」と回答をいただきました。

なので単発で1袋食べたから病気になるとか、そういう心配はしなくてもよいでしょう。

しかし、そうは言ってもキャットフードは毎日食べるものなので、何年も積み重ねた時の心配は拭えませんね。

 

成分分析値を比較

 

ロイヤルカナン

サイエンスダイエット

たんぱく質

25.0%以上

33.9%

脂質

11.0%以上

8.5%

粗繊維

5.0%以下

8.2%

灰分

8.0%以下

6.3%

水分

6.5%以下

 

食物繊維

11.5%

 

炭水化物

 

43.2%

カルシウム

 

0.98

ナトリウム

 

0.34

カリウム

 

0.82

マグネシウム

 

0.074

ビタミンC

 

109ppm

ビタミンE

 

872 IU / kg

EPA

 

0.003

オメガ3脂肪酸

 

0.19

オメガ6脂肪酸

 

2.58

タウリン

 

0.21

ベータカロテン

 

3.88 ppm

ビタミンA

 

6735 IU / kg

ビタミンD

 

656 IU /kg

代謝エネルギー

375kcal / 100g

315kcal / 100g

たんぱく質と脂質を見ると、サイエンスダイエットの方が高タンパクで低脂質です。

『ロイヤルカナン インドア』は、室内猫が毛づくろいが多いことに注目し、毛づくろいのときに飲み込んだ毛を下から出すことを促すために食物繊維が配合されています。

上の表は、HPに記載の成分値のみ数値を載せているのですが、サイエンスダイエットの方が成分分析値が細かく書かれていました。

しかし例えばロイヤルカナンにも、ナトリウムやカリウム、タウリンなど配合されています。

おそらく『灰分』としてまとめての数値になっているのでしょう。

サイエンスダイエットは細かく載せてあるだけなので、この辺はそんなに神経質になる必要はないのかなと思います。

ただ、マグネシウムやオメガ3、オメガ6あたりは他のキャットフードでも記載されている項目なので、ロイヤルカナンも配合されているのであればきちんと記載してほしいなと思います。

その点、サイエンスダイエットの方が親切です。

 

1日あたりの給餌量を比較

 

ロイヤルカナン

サイエンスダイエット

3kgの成猫

45g

50g

4kgの成猫

56g

65g

5kgの成猫

65g

75g

給餌量はサイエンスダイエットの方が多いです。

しかし特別多いというほどではないので、猫ちゃんのうんちの状態を見て増減すればよいですね。

 

コストを比較

 

ロイヤルカナン

サイエンスダイエット

フードの展開

400g
2kg
4kg
10kg

800g
1.8kg
2.8kg

コスト

1,394円(1kgあたり)

Amazon価格
2,787円 ← 3,402円 / 2kg

1,300円(1kgあたり)

Amazon価格
2,440円 / 1.8kg

※コストはロイヤルカナン2kg、サイエンスダイエット1.8kgを当サイトにて1kgあたりに揃えて計算

※2019年2月 Amazon価格を参照

ロイヤルカナンは割引していたので割引後で計算していますが、それでもサイエンスダイエットの方が少し安いです。

 

まとめ

ロイヤルカナンとサイエンスダイエットを、どちらも室内猫用のキャットフードで比較しました。

この2つのキャットフードを比べると、原材料や成分分析値・コストに至るまでサイエンスダイエットの方が良いのかなと思います。

というより、先程も書いたようにロイヤルカナンの酸化防止剤は避けた方がいいので消去法で考えてもサイエンスダイエットでしょうか。

しかしサイエンスダイエットの価格を支払うのであれば、もっと良質でコストが抑えられるピュリナワンの方がおすすめです。

こちらの記事では、「安くて安全なキャットフード」というテーマでキャットフードを比較しています。

様々な角度から比較した結果、サイエンスダイエットよりもピュリナワンの方が良いという結果になりました。

[st-card id=1445 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

よかったら参考にしてください。

kumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする