【猫】『サイエンスダイエット』『アイムス』どっちが良いか比較しました

最終更新日

Comments: 0

『サイエンスダイエット』と『アイムス』のどちらを猫ちゃんに与えようか悩んでいませんか?

『サイエンスダイエット』は、動物病院で紹介されることのあるキャットフードです。療養食が充実しているからですね。

『アイムス』は、ホームセンターなど身近なところで簡単に手に入れることができるキャットフードです。

こちらの記事では、『サイエンスダイエット』と『アイムス』を原材料・成分・コストなど様々な角度から比較していきます!

 

サイエンスダイエットとアイムス、どっちが良いか比較

今回比較するキャットフードは、『ヒルズのサイエンスダイエット インドアキャット アダルト成猫用 1歳〜6歳チキン』と、『アイムス 成猫用 インドアキャット チキン』です。

サイエンスダイエットとアイムスは、どちらもステージ別キャットフードが展開されています。

[st-kaiwa4]

この2つは価格帯が異なりますが、結論を言ってしまうと『サイエンスダイエット』の方が良いキャットフードです

[/st-kaiwa4]

今回は、室内猫用・成猫用・チキン味という共通点で、両シリーズの中からこの2つのキャットフードを選びました。

 

原材料を比較

サイエンスダイエット

インドアキャット アダルト成猫用

アイムス

成猫用 インドアキャットチキン

トリ肉(チキン、ターキー)

トウモロコシ

コーングルテン

セルロース

チキンエキス

植物性油脂

動物性油脂

小麦

ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)

乳酸

ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)

アミノ酸類(タウリン、メチオニン)

カルニチン

酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

肉類(チキンミール、チキンエキス、家禽ミール)

とうもろこし

植物性タンパク

大麦

油脂類(鶏脂)

家禽類

植物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)

ユッカ

ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、葉酸)

ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素)

アミノ酸類(タウリン、メチオニン)

酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸、BHABHT

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

主原料は、どちらも肉類で動物性たんぱく質を使っています。

しかしよく見ると、サイエンスダイエットは「チキン・ターキー」となっているのに対し、アイムスは「チキンミール、チキンエキス、家禽ミール」です。

ミール類は、簡単にいうと色んな部位をごちゃまぜにしているものなので、アイムスよりもサイエンスダイエットの方が良いです。

あとは、サイエンスダイエットもアイムスも、正直に言うと似たり寄ったりの原材料ですが、アイムスには危険な酸化防止剤が入っているので、おすすめできません!

[st-card id=1262 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

原材料は、サイエンスダイエットの方がいいですね。

 

成分分析値を比較

 

サイエンスダイエット

アイムス

たんぱく質

33.9%

30.6%

脂質

8.5%

12.6%

粗繊維

8.2%

3%

灰分

6.3%

7%

水分

 

7.5%

炭水化物※

43.2%

39.3%

カルシウム

0.98%

1.1%

ナトリウム

0.34%

 

カリウム

0.82%

 

リン

 

1.1%

マグネシウム

0.074%

0.1%

ビタミンC

109ppm

 

ビタミンE

872 IU/kg

 

EPA

0.003

 

オメガ3脂肪酸

0.19

0.05%

オメガ6脂肪酸

2.58

2%

タウリン

0.21

0.18%

ベータカロテン

3.88 ppm

 

ビタミンA

6735 IU/kg

50,000 IU/kg

ビタミンD

656 IU/kg

 

ビタミンC

 

180mg /kg

ビタミンE

 

230 IU/kg

代謝エネルギー

(100gあたり)

315kcal

366kcal

※アイムスの炭水化物量は、100%ー(たんぱく質、脂質、粗繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算

 

両方ともたんぱく質が30%台前半で、日本の室内猫にはちょうどよいと思います。

サイエンスダイエットの方が、低脂質でカロリーが抑えめですね。

マグネシウムの量も低いですし、ほかは特に気になる成分値はありませんでした。

サイエンスダイエットには炭水化物の量が書かれていたのですが、アイムスには書いていなかったので計算してみたところ、39.3%でした。

猫は肉食なので、炭水化物は多くないほうがよいです。

両方とも50%以下なので、良いと思います。

 

1日あたりの給餌量を比較

 

サイエンスダイエット

アイムス

3kgの成猫

50g

50g

4kgの成猫

65g

60g

5kgの成猫

75g

70g

1日あたりの給餌量は、ほとんど変わりません。

 

コストを比較

 

サイエンスダイエット

アイムス

フードの展開

800g
1.8kg
2.8kg

550g
1.5kg
5kg

1袋あたりのコスト

2,440円 / 1.8kg

787円 / 1.5kg

1日あたりのコスト

3kg・・・67円
4kg・・・88円
5kg・・・101円

3kg・・・26円
4kg・・・31円
5kg・・・36円

1ヶ月あたりのコスト

3kg・・・2,010円
4kg・・・2,640円
5kg・・・3,030円

3kg・・・780円
4kg・・・930円
5kg・・・1,080円

※1袋あたりのコストは、2019年2月現在のAmazon価格

サイエンスダイエットとアイムスを比較すると、アイムスの方がコストはかかりません。

アイムスめちゃくちゃ安いですね!

しかしサイエンスダイエットも、十分安いです。

 

まとめ

『サイエンスダイエット』と『アイムス』の室内猫用チキン味を比較しました。

原材料や成分分析値・価格などを比較した結果、価格以外は『サイエンスダイエット』の方が優れています!

しかしサイエンスダイエットのコストを支払うのであれば、あと少しだけプラスすれば、もっとよいキャットフードがあります

下の記事でサイエンスダイエット、アイムス含めた『安くて安全なキャットフード』についてまとめています。

よかったら参考にしてください。

[st-card id=1445 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

kumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする