『ワイルドレシピ』成猫用が新登場! 実際に食べさせた評価と、みんなの口コミ評判

最終更新日

Comments: 0

ニュートロ社から『ワイルドレシピ』が新登場しました。

ニュートロ社のキャットフードは今まで「ナチュロルチョイス」の中で穀物フリーの商品がありました。

ワイルドレシピも、グレインフリーに特化したキャットフードになります。

ワイルドレシピは店舗でも販売していて購入しやすいため、ローテーションのフードの1つにしても良いと考えていました。

こちらのワイルドレシピの口コミ評判と、実際にshiroに食べさせたレビューをまとめたいと思います。

 

『ワイルドレシピ』成猫用、みんなの口コミ評判

まずAmazonでの口コミ評判を見ていきたいと思います。

Amazon評価:[star4] 4.0 / 5

[st-mybox title=”良い口コミ” fontawesome=”fa fa-thumbs-o-up” color=”#ff00ff” bordercolor=”#ff00ff” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  • 神経質な猫で殆どのフードを嫌がるのに、珍しくワイルドレシピのフードはよく食べてくれます。華奢だったのに力強い体形になりました。水もよくのむので、排便の量も増えましたが便秘しないし、今のところ合ってるようで満足です。 
  • よく食べてくれます。我が家の家計としては少し高めですが、ストレスの多い環境なので、ご飯だけは良いものをと思っており、リピートすると思います[/st-mybox]

[st-mybox title=”悪い口コミ” fontawesome=”fa fa-thumbs-o-down” color=”#0000cd” bordercolor=”#0000cd” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  • 記載なし[/st-mybox]

※口コミとAmazon評価は、2018年4月10日現在の情報を参照しています

[st-kaiwa1]ワイルドレシピはまだ発売されたばかりの商品なので、口コミがとても少ないです。

Amazon評価は4.0となっていますが、これも1人だけだったので、信頼できる評価としてはまだ確定できません[/st-kaiwa1]

 

『ワイルドレシピ アダルトチキン成猫用』をレビューします

ワイルドレシピには、キトン用・アダルトチキン・アダルトサーモン・アダルト白身魚・シニア用があります。

今回は、『ワイルドレシピ アダルトチキン成猫用』をお試ししてみました。

レビューしていきたいと思います( • ̀ω•́ )✧

 

ワイルドレシピの原材料

チキン(肉)

チキンミール

エンドウタンパク

エンドウマメ

鶏脂

タピオカ

ビートパルプ

ポテトタンパク

フィッシュミール

サーモンミール

アルファルファミール

タンパク加水分解物

亜麻仁

ユッカ抽出物

ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)

ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)

アミノ酸類(タウリン、メチオニン)

酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)

*ワイルドレシピ アダルトチキン成猫用の裏面より

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

※当サイトにおける原材料のマークについての考え方は、こちらを参照してください。

 

主原料は肉類でとてもよいのですが、野菜やくだもの類がほとんど入っていなないので、原材料がシンプルです。

キャットフードに別途ビタミンやミネラル類を添加しているからといっても、野菜やくだものもいれて原材料からも摂取できるようにしてほしいです。

ニュートロ社のキャットフードではお馴染みの「ビートパルプ」と「たんぱく加水分解物」は、ワイルドレシピにも入っています。

これらは色んな意見がありますが、私は「完全に悪とまでは言わないが、できれば無い方がいい」と考えています。

[st-card id=1262 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

ビートパルプが入っていることで、うんちが多くなることがあります。

[st-mybox title=”ビートパルプとは?” fontawesome=”fa-question-circle-o” color=”#757575″ bordercolor=”#928484″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

栄養が無いもの。メーカー側は、繊維があるため便秘解消というが、実はキャットフードにはカサ増し要因として入っているだけ

[/st-mybox]

[st-mybox title=”たんぱく加水分解物とは?” fontawesome=”fa-question-circle-o” color=”#757575″ bordercolor=”#928484″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

いわゆる”うまみ”成分。人間のカップ麺や加工品にも入っている。

キャットフードには食いつきを良くするために入れている[/st-mybox]

 

ワイルドレシピの成分分析値

タンパク質 

40.0%以上 

脂質 

18.0%以上 

粗繊維 

4.0%以下 

灰分 

10.0%以下 

水分 

10.0%以下 

ビタミンE

150IU/kg以上

タウリン

0.18%以上

オメガ6脂肪酸

3.0%以上

オメガ3脂肪酸

0.3%以上

マグネシウム

0.12%

代謝エネルギー

(100gあたり)

380kcal

 

たんぱく質が40%となっています。これは相当多いです。

ワイルドレシピは猫の祖先の食事を再現しているため、その名の通りかなりワイルドな肉食を想定して作られています。

たんぱく質40%は、やはり野生の頃の食事を再現しているオリジンと同じです。

[st-card id=1194 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

一般的に「猫には高タンパクが良い」と言われていますが、現在日本で飼われている室内猫は、野生だった頃に比べ運動量が少ないことを忘れてはいけません。

そのため、あまり高タンパクすぎると臓器に負担がかかってしまう可能性や、ブクブク太ってしまう可能性があります

うちのshiroの場合は、食いしん坊なので危険です(;´▽`A“

今回お試しとして、ワイルドレシピの少量サイズを買ってみましたが、ワイルドレシピだけを食べ続けるのではなく、カロリー過多にならないように他のフードと交互に少しずつ食べさせてます。

 

ワイルドレシピの給餌量

体重

1日あたりの給餌量

1kgの成猫

25g

2kgの成猫

35g

3kgの成猫

45g

4kgの成猫

55g

5kgの成猫

65g

6kgの成猫

75g

7kgの成猫

85g

8kgの成猫

90g

9kgの成猫

100g

10kgの成猫

110g

成猫3kgの子で、1日に45gです。

やはりタンパク量がかなり多い分、1日に与える給与量は少なめですね。

現在成猫3kgのshiroの1回分は、22.5g。

成猫3kgの子の1回分

初めてワイルドレシピを食べさせる場合は、きちんと計って量を確認するようにしてください。

ドサーッとよそうと、デブ猫まっしぐらですヽ(;´Д`)ノ

 

ワイルドレシピを与えるときの注意点

食べ過ぎは絶対にNG!

これに尽きます。

ワイルドレシピには、たんぱく加水分解物といううまみ成分が入っているため、食いつきはよくなると思います。

しかしタンパク量が多いため、「もっと欲しい〜」とアピールされても、1日の給与量を守るように気をつけてください。

 

ワイルドレシピの粒の大きさ

直径約1cmの平たいまるです。

キャットフードの中では、かなり大きめですね。

粒が大きめのため、shiroはちょっと食べづらそうでした。

色は普通の「茶色」。

サイエンスダイエット、ピュリナワンのような薄い茶色ではなく、カナガン・シンプリーの濃い茶色よりは薄いです。

モグニャンの色に近いですね。

 

ワイルドレシピのフードのにおい

フードのにおいは、特別強くはありません。

少しにおいがあります。

 

ワイルドレシピの食いつき

shiroに食べさせたところ、食いつきは良かったです。

でもこれは、原材料に入っているたんぱく加水分解物のおかげだと思います。

たんぱく加水分解物は完全に悪な添加物ではありませんが、添加物を使わずに食いつきが良いキャットフードの方が良いキャットフードなのは間違いないです。

[st-card id=1262 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

ワイルドレシピを食べたときのうんちの様子

かたいです。

コロコロというよりカチカチに近いです。

これはビートパルプの影響かなぁ・・・(;´д`)

 

ワイルドレシピの特徴

出典:http://nutro.jp/products/wildcat/concept/

ニュートロ社がかかげている、ワイルドレシピの特徴をまとめてみたいと思います。

 

タンパク量が多い

あらゆるキャットフードの中で、ワイルドレシピは40〜42%と非常にタンパク量が多いです。

今回レビューしている『ワイルドレシピ アダルトチキン成猫用』のタンパク量は40.0%以上です。

ちなみに私は日本で飼っている室内猫には、高タンパクすぎない30%程度のたんぱく質の量が最適と考えています。

 

穀物を使用していない(グレインフリー)

ワイルドレシピの特徴は、なんといっても穀物を使用していないことです。

肉食である猫には、穀物を使用としないという考えのもと作られています。

近年のグレインフリーブームにのって、登場してきたキャットフードとも言えます。

 

主原料が、肉や魚になっている

ワイルドレシピのシリーズは、どれも第一主原料が肉か魚になっています。

市販で売られている手頃な価格帯のキャットフードは、いまだに穀物がメインのものも多く出回っていますが、ワイルドレシピは肉や魚が主原料となっています。

猫の生体を考えると、主原料が肉か魚というのは必須です。

こちらに書いていますが、キャットフードを選ぶ上で、主原料が動物性たんぱく質というのはゆずれない絶対条件です。

 

厳選した自然素材で作られている

イマイチあいまいな表現ですが、ニュートロ社が厳選した自然素材でワイルドレシピは作られているそうです。

 

ワイルドレシピの原産国

ワイルドレシピの原産国は、アメリカです。

AAFCO(米国飼料検査官協会)規定の分析試験により、成猫の健康維持に適したバランスのよい総合栄養食であることが証明されています。

 

ワイルドレシピのラインナップ

ワイルドレシピのラインナップは以下の5種類です。

ワイルドレシピのラインナップ

ワイルドレシピ キトンチキン 子猫用

ワイルドレシピ アダルトチキン 成猫用

ワイルドレシピ アダルト白身魚 成猫用

ワイルドレシピ アダルトサーモン 成猫用

ワイルドレシピ エイジングケアチキン シニア猫用

子猫用が1種類、成猫用が3種類、シニア用が1種類です。

「キトンチキン子猫用」と、「エイジングケア チキンシニア猫用」のタンパク量は42%で、アダルトの3つの味はタンパク量が40%になっています。

エイジングケアというのは、ニュートロではシニア猫用を指します。

一般的に、シニア猫には成猫の時よりもタンパク量を少なくした方がいいと言われています。

あまりに高タンパクだと弱ってきた臓器に負担がかかるからです。

シニア猫用のキャットフードで42%のタンパク量というのは、日本で飼われている室内猫を想定すると、多すぎなんじゃないかなぁ・・・と思います。

 

ワイルドレシピの並行輸入品に注意!

ワイルドレシピを販売しているニュートロ社のHPを見ると、並行輸入品についての注意喚起が書かれています。

ワイルドレシピだけではなくキャットフードすべてに言えることですが、「正規品」と「並行輸入品」では品質に違いがあります。

実際、ニュートロ社のHPにもこのように書かれています。

Q 正規品と並行輸入品は何が違うんですか?

A 「正規品」は日本で販売されることを前提とした生産・運送・品質管理を行っています。

一方「並行品」は日本での販売を前提としていないため、何か品質に影響を与えるような問題が発生した場合などの責任を負いかねます。

引用:http://nutro.jp/question/

ワイルドレシピをはじめニュートロ社のキャットフードは、ニュートロから直接購入することができません。

ペットショップなどの販売店を通じて購入する形になります。

楽天やAmazonでも販売していますが、必ずしも正規品かは分かりません。

ネットで売られているワイルドレシピが全て並行輸入品というわけではないと思いますが、「正規品」と書かれていても本当にその商品が正規品かは私たちには分かりません。

ワイルドレシピに限ったことではありませんが、素人が正規品か並行輸入品かを見分けるのは非常に難しいと思います。

なので、ネットで購入を考えている場合は十分気をつけてください。

もしワイルドレシピを買いたい時は、ニュートロHP内に書いてある正規品販売店一覧からワイルドレシピを取り扱っている店舗を探すのがおすすめです。

 

管理人的ワイルドレシピの評価とshiroのお気に入り度

管理人とshiroのお気に入り度:[star3] 3.0 / 5.0

[st-kaiwa3]グレインフリーは嬉しいけど、shiroにはタンパク量が多いです。

もうちょっとお野菜やくだものも入っていて欲しいなぁ・・・[/st-kaiwa3]

 

この評価にした理由

  • 原材料のビートパルプとたんぱく加水分解物が気になる
  • うんちがかたい
  • 豊富なラインナップと店頭で購入できる手軽さは魅力
  • 並行輸入品には注意しよう

kumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする